モルタルが、好きだ。
築30年の典型的な ’スラブヤー’ のリノベーション。(共同設計)
細かく区切られていた壁を取り払い、室内の仕上げ材料をすべて剥がし、天井はそのままコンクリート、壁にはモルタルを塗り込んで、ざっくりした気楽なおウチになりました。
そのまま見える電気のパイプや2階の床下が階段から見えたりして、細かいことは気にしないリノベーションならではの楽しさがあります。

前のページ

写真_1.JPG
l-15-393x524.jpg

ローカル(=地元)のひとや気候や材料や植物とかの
ことを考えながら、なんだかイイ建物をつくりたい
ちょっとだけ肩の力を抜いて。